スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の病気

DSC_0014_40300.jpg

モカさんが 病気になりました

少し前にもあったんだけど 血便と嘔吐を繰り返し
一度は 自然に回復したので 様子をみていたのですが
また 数日前からはじまったので 動物病院へ

血液検査や いろいろな検査をしてもらった結果
細菌性の病気や 重篤な病気の影はみられないのですが 胃の粘膜が少しはがれているようで
おそらく 変なものを食べてしまったか 季節の変わり目で胃腸を壊しているのでしょう
環境の変化によるストレスということも考えられます
そして 少々太り気味ですので エサの量を少し減らしてくださいね

ということで 注射を打ってもらって お薬をもらって 
ついでに健康診断もしてもらい帰りました

病院の待合室で読んだ本には 犬は本能的に痛みを我慢する動物のようで
飼い主との信頼関係を保つため 大切な飼い主さんを悲しませないために
必死に痛みや苦しみを我慢したり 訴えることなく 飼い主を安心させようと 
エサをモリモリ食べてみせたり いつも通りに過ごしてみせたりするため
飼い主さんが犬の不調に気付く頃には 
すでに重い病気にかかってしまっていることが多いそうです

だからこそ 犬が出すちいさなサインに 少しでも早く気付いてあげて
適切な処置を施してあげることが大切なんですね

DSC_0012_40298.jpg

昨夜 私に寄りかかってカラダを休めているモカを撫でながら気がついたこと

種子島では 朝 子供たちが幼稚園と保育園に出かけてから夕方まで 
いつも 静かに のんびりと 縁側でごろごろと過ごし
お散歩では ビーチや芝生をのびのびと走り回っていました

お引越しで飛行機に2回乗り のんびりと自由自適な暮らしは一変
子供たちと四六時中一緒で なかなか落ち着いてお昼寝もできない
賑やかな暮らしがはじまり ビーチでは必ずリードを付けてのお散歩

生まれつき 内気でもの静かで穏やかな性格のワンコなので
この子はきっと大丈夫だろう という飼い主の勝手な気持ちとは裏腹に
環境の変化のストレスを抱え込んでいたのかもしれません
私のココロが元気になるまで ずっと我慢してくれていたのかもしれません

DSC_0019_40305.jpg

ごめんね モカさん ありがとう モカさん

モカも人間でいうところのシニア世代になりました

これからは 体調を労り 少しの変化にも敏感に気付いてあげて
犬の命の短さを嘆くことなく 悔いのないように 楽しい思い出をたくさん作ろうと思います

そして エサの量も減らさなくっちゃね。。。


子育てスタイルに参加中♪

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

mana

Author:mana
大好きな写真で綴る

種子島のくらしと

子育てのこと

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。