スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Little Match Girl

DSC_0001_39239.jpg


古本屋さんに漂う  

ゆるくて ここちよい 

ふしぎな時間の流れが 大好きです

最近みつけた 二軒の古本屋さん

books mobloさん

ととら堂さんは 

どちらも 絵本のコーナーが とにかく素敵 

こどもたちと一緒に ちいさな椅子に腰掛けて 絵本を読んだり

時間を忘れて みんなそれぞれに タカラモノ探しをしています

DSC_0006_39242.jpg

ちいさな頃に読んだ絵本の中でも

「とっても悲しいお話し」の記憶として 今でも心の奥深いところに残っている

アンデルセンの童話 「マッチ売りの少女」

親になり 子供たちに読み聞かせるために選んだのは

ブレア・レントの 繊細な木版画で描かれた作品

私の心の中で眠っている 大きな瞳で かわいらしい少女とはまったくかけ離れた 

なんとも悲しそうで独特な雰囲気を醸し出している少女と 抑えた色調が

悲しみや辛さ 厳しい冬の寒さ そして 最後の希望の光の世界を

ひしひしをこえて びしびしと 心に訴えてくるのでした

いしかわすみこさんの翻訳も とっても美しくて素晴らしく

読み聞かせながら 私が泣きそうになっちゃいました

絶版となっている絵本ですが books mobloさんで 680円で手に入れることができて

ステキな絵本との出逢いに 感謝です

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

mana

Author:mana
大好きな写真で綴る

種子島のくらしと

子育てのこと

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。