スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OFFジカン

DSC_7633_44468.jpg

少し前から 「撮影」と「編集」を すっかりと忘れる

「OFFの時間」を大切にするようにしていますが

スイッチをOFFに切り替えても やっぱり 

カメラを持って 少しだけ 写真を撮っています

DSC_7650_44483.jpg

時間がゆったりと流れる お友達のおうちで

とっても美味しくて おしゃべり楽しく

午後のティータイムに癒された後

なんだか海が見たくなって 

娘とビーチまで ワンコのお散歩

私がカメラを向けると

DSC_7661_44490.jpg

こうなって

DSC_7662_44491.jpg


こうなる 娘の姿を見て

この冬には やってあげたいと思っている 三歳の七五三

私に彼女を撮るのは きっと 無理。。。

と やっぱり 「撮影」のことを考えてしまうのでした


初夏の頃からずっと 七五三を撮り続けていますが

同じ年頃のお子さんを撮れば 撮るほど

娘の七五三も しっかり撮ってあげなくっちゃ

という気持ちは 強くなる一方なんだけれど

娘がこ〜んな調子なので やっぱり どなたかに お願いするしか 

ないのかな。。。(トホホ)

スポンサーサイト

お友達と都会の月


DSC_7742_44566.jpg


今日は きっと 

夕日と 富士山と 夕焼けが 

とっても きれいなんだろうな〜 と思い

おにいちゃんのスイミングへの道は 海回りで

DSC_7743_44567.jpg

時間がなくて 車の中からしか 撮れませんでしたが


DSC_7744_44568.jpg

本当に きれいでした 

カメラを持って行って よかった♪


先週は 大好きなお友達親子が泊まりに来てくれて

とっても 楽しいジカンを過ごすことができました

遠い国で暮らす彼女は いつ会っても どんなときでも 

キラキラしていて ポジティブで

いつも いっぱいの笑顔で包んでくれる



「どこにいても たのしんでいこう!」

と 何度も言っていた彼女のコトバ

私のココロの中に しっかりと根を張って

どんどん芽を伸ばしていってくれているような そんなカンジ


自由が丘の夜のまちで ビルとビルの間にぽっかり浮かぶ

まんまるなお月様を ふたりで見上げたとき

自然いっぱいの中で見る月とは また違う美しさを感じました

どこにいても 月は 美しい 

どこにいても 前向きでハッピーなココロがあれば

人生は 楽しい のですね


そんなことに気付かせてくれた お友達と 都会の月に ありがとう

我が家の釣りキチ三平くん

DSC_7566_44404.jpg

我が家の 釣りキチ三平くん

小学生になって パパから釣り竿を買ってもらって以来

釣りに夢中

お休みの日に 一番やりたいことは きっと 「お魚釣り」


DSC_7573_44411.jpg

お魚が糸を引くときの 興奮と

DSC_7594_44432.jpg


釣れたときの 喜びったらないそうで

DSC_7599_44437.jpg

ついでに 糸を垂らして待つジカンも 楽しい となれば

もう 立派な 釣り人であります

DSC_7585_44423.jpg

我が家の 釣りキチ三平くんには 妹がおりまして

まだ マイ釣り竿を持っていない彼女ですが

釣りに出かけると 大変喜び

DSC_7589_44427.jpg

DSC_7551_44389.jpg

防波堤を 行ったり来たり ウロチョロ するので

ライフジャケットを着せていますが

DSC_7611_44448.jpg

一番危なっかしいのは あまり釣りに興味はなく

海に背を向けて カメラのファインダーを覗き

子供たちに夢中でシャッターを切る

DSC_7619_44454.jpg



私だったり します。。。

ちまちまと毛糸

IMG_1734_Fotor_20131108_Fotor_20131108.jpg


冬が近づいてくると

無性にしたくなるのが あ み も の

忙しいときにに限って したくなるのも あ み も の

時間がないのはわかっていても ついつい 毛糸玉を買ってしまったりします

IMG_1736_Fotor_20131108_Fotor_20131108.jpg


おにいちゃんの 土曜参観で使うという

クリスマスリースの飾り

金曜日はお休みだから ゆっくり準備しよう

と 思っていたら 金曜日までに学校に提出しなくてはいけないそうで

昨夜は子供たちが寝た後 夜な夜な準備

朝顔のつるで作るリースということと

家にある モールや材料を使って作りましょうということで

我が家でいつ使ってもらえるかと 待機中の 毛糸さんと ボタンさん出動!

毛糸で ちいさなまるを編んだり

モールに巻き付けて ちいさな綿雪のようなものを作ってみたり

ちいさく ちまちま 楽しみました

土曜参観は お仕事でパパしか参加できないけれど

リース飾りで 参加させてもらいました♪



ちいさなコロコロ団子

DSC_7491_44331.jpg

ちいさな手で作った コロコロ団子

いつのまにか 上手に作れるようになっていて

ちょっと びっくり

そういえば 幼稚園へお迎えに行くと

お砂場で 黙々と 何かを作っていたね

お団子さん だったのね!


DSC_7507_44347.jpg

お皿を円で描いて 一生懸命並べておりました

かねよ食堂ART ON THE BEACHにて




 



引っ越して一年

DSC_7462_44302.jpg

昨日は 島を離れて ちょうど1年経った日

葉山に暮らしはじめて ちょうど1年経った日

ふと 振り返ってみると 

「できることなら 島へと戻りたい」

と想い願う気持ちを いつも心に抱えながら

新しい環境に慣れるために 一生懸命だった 

心と行動が ちょっぴり矛盾した1年間を過ごしていたような気がします

DSC_7376_44219.jpg

悲しい冬を乗り越えて 春 夏 秋と 

季節が巡るごとに 少しずつ 

心許してお話しができるお友達ができてきて

ワクワクすることも 増えてきました

DSC_7292_44139.jpg


巡り会わせてくれた 子供たちに ありがとう


DSC_7325_44168.jpg

1年後 もっともっと この町が好きになっていたら いいな 

おやつをくれないと。。。

DSC_7218_44070.jpg


日本での ハロウィンの日

仕事が終わり 児童館へお迎えに行くと

とっても しょんぼりとしたお兄ちゃんの姿がありました

先生が事情を説明してくださっているときも ちょっぴり 涙目だった彼は

学校でお友達から 放課後にみんなで仮装して地図を持って 

かぼちゃマークのお店を探しながらお菓子をもらいに行く という 

子供にとっては ワクワクするような イベントに誘われたけれど

学童さんの日だったため 一緒に行けなかったことが

とっても残念だったようなのです


気を取り直して スーパーでお買い物がてら お菓子を買い

家に戻って 夕飯の支度をしていると

「おやつをくれないと いたずらしちゃうぞ〜〜!!」

と 近所の子供たちが 元気に玄関のドアを開けてやって来て

ビックリした私は 包丁を床に落っことしそうになりました

これからご近所さんをまわるから一緒に行こう!と誘ってもらったお兄ちゃんは

マントととんがり帽子を急いで準備して とっても嬉しそうに 出かけて行きました


お菓子をかごいっぱいに入れて帰ってきたお兄ちゃん

ニッコ ニコ でした

ハロウィンというイベントを はじめて体験した我が家

来年からは ちゃんと お菓子を用意しておこうと思います

プロフィール

mana

Author:mana
大好きな写真で綴る

種子島のくらしと

子育てのこと

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2013年11月 | 12月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。