スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄米さん

genmai1のコピー

妊婦特有の訳あって
久しぶりに お米を玄米食に切り替えました

お昼ご飯は
15種類の雑穀を混ぜた玄米に
お義母さんお手製の梅干しを入れたおにぎり

一口噛む度に
シアワセでありがた~い気持ちになるのは
玄米さんの不思議なところ


HONUHONUの時もそうでしたが
妊娠中は玄米さんには
ほんとうにお世話になっています

ありがとうございます
スポンサーサイト

ロケット

senta1_1.jpg

そうだった そうだった♪

Nikonのデジタルカメラには
銀塩カメラのレンズが取り付け可能で
我が家にもレンズがあることを
すっかり忘れていました

senta1_2.jpg

今日は昔の銀塩用レンズ35-70ミリをセットして
お散歩へでかけました

昨日のロケットの打ち上げ

保育園では先生が近くの公園まで
子供達を連れていってくださったようです

曇り空だったので
すぐに厚い雲に隠れてしまったロケット

それでも子供達は

ゴォォォ~~!!

っという音と
その後に飛んだヘリコプターとカラスさんに
大興奮だったそうな

senta1.jpg

よかったね♪

朝日を撮りに

20091128morning1_30.jpg

夜明け前に ふと目が覚めると

ピカピカ 光る携帯電話

嬉しい知らせ

無事に 元気に 生まれてきた

お友達の赤ちゃん

我が家は早朝からお祭り騒ぎ

なんだか うれしくて うれしくて

居ても 立っても いられなくて

朝日を撮りに出かけました

彼女がいつも

おなかの赤ちゃんと一緒に歩いた道を辿って

虹の丘まで

車がウィィ~~ンと うなりを上げる坂

彼女は おおきなお腹で歩いていたんだなぁ

birth1128.jpg

一緒に いつものビーチをお散歩できたことが

ほんとうにシアワセ

いたずらっこ

ita1458.jpg

いたずらっこ 万歳!!

zen121124_1.jpg

雨上がりの 水たまりで 大はしゃぎする子供たち

ビシャビシャ ドロドロになった服を

やれやれ。。。と着替えさせる親たち

それを あきれ顔で眺めているモカさん

zen121124_4.jpg

バアバのクッキー

bisuke1124のコピー

お昼寝から 目が覚める頃

キッチンから ふわふわ漂う 

甘くて いいかおり

バアバの手作りクッキーのかおり

シアワセだなぁ

bisuke1124_1のコピー

おいしいクッキーは みんなをニコニコ笑顔にしてくれるね

たくさん食べたら また ひと遊び

enasobi1.jpg

家事を 少しずつ増やしていっているけれど

お料理だけは ずっと甘えていたい

おいしい おいしい お義母さんの味




穴堀りワンワン

umihimari1120_1.jpg

久しぶりに みんなでビーチをお散歩

umihimari1120_2.jpg

おもいっきり 駆け回る HONUHONUとモカ

3歳になっても

やっぱり モカから教わった 穴堀りワンワンは相変わらずで

競い合うように 穴を掘って 宝探しをしていました

kokohore1.jpg

さすが戌年。。。

そういえば おなかの赤ちゃんは 寅年になるんだなぁ。。。

安産祈願ブランケット

huwahuwa12.jpg

入院中 お友達から安産祈願として頂いた 
手作りのふわふわブランケット

触れるだけで癒されてしまう
大人も子供もちいさな赤ちゃんも
きっと ワンコも大好きなアロマブランケット

看護師さんたちも回診に来られるたびに
うっとりしながら触っておられました

もちろん 我が家でも大人気で
取り合いっこになっちゃいます

夜中にモゾモゾと
ママの布団に潜り込んでくるHONUHONU
眠っている時も
足だけはサッカーをしている
おにいちゃんの足から おなかの赤ちゃんを守るために
このブランケットが大活躍

おなかとHONUHONUの間に
クッション代わりに挟んで眠っています

ほんとに 安産祈願ブランケットだね

ほわほわ顔

howahowa12.jpg

寒くなってくると
ブランケットやお布団に包まって
絵本を読む時間が多くなります

絵だけではなくて
ストーリーも楽しむようになってきたHONUHONU

最近のお気に入り絵本は
ママも大好きな
マーガレット•ワイズ•ブラウンの

「ちっちゃな ほわほわ かぞく」

howahowa1120.jpg

だれよりも ちいさくて
ふかふか 毛皮を着て
ぬくぬくの 木に住んでいる
こたつみたいに あったかい 
ほわほわ 家族のおはなし

谷川俊太郎さんの詩のように美しいコトバは
パパもママも
読んでいるだけで ココロが ほっこり

ちいさな ほわほわくんの
何気ない いちにちを描いた絵本

読んでいる間
HONUHONUはずっと
にこにこ ほわほわ顔で聴いています

ちいさな 子供にとって
なんでもない ちいさな日常が
なによりも シアワセなことなんだって感じさせてくれる
あたたかい絵本です

子育ていたちごっこ

botan.jpg

三ヶ月

あっというまのようだけれど
子供の成長をみていると

ずいぶんと 長い間 留守にしていたんだなぁ

と驚かされることがいっぱい

お風呂上がりのお着替え

ボタンの留め外し

食事に帰宅時の手洗いとうがい 

などなど。。。

いろんなことが自分でできるようになり
ママのオシゴトがいくつか減って
ラクチン♪ ありがたや

その反面
いろいろな知恵も付いてきたようで
新しく手を焼くこともいくつか増え
トホホのホ。。。

子育てって いたちごっこのようだね

オサンポミチ

kai111620091031.jpg

夏物のままになっていた衣装ケース

二日間かけて冬物に衣替えをしました

里帰りをするまでに
おうちの中でやっておきたいこと
少しずつ ゆっくり お片づけ

おともだちのマタニティーオサンポミチ

我が家はちょうど 休憩地点

我が家はちょうど 午前のお茶のジカン

みんなで焼きたて手作りパンと紅茶を頂いて
楽しくおしゃべり

あらあら いつのまにか 
お昼をとっくに過ぎちゃっていたね

やっとこ

20091115104058
大雨が降り
強い風が吹いた後の秋空は
とっても高いところにあって
心が吸い込まれていきそうなくらい
蒼く澄み渡っています

昨日はそんな空を見上げながら
入院生活の日々を振り返っていました

涙の雨の日
寂しさの風が吹いた日
何度かあったけれど

それよりもたくさん
笑顔で明るく過ごすことができたのは
いつも誰かが
励まして支えてくれていたから

感謝のキモチいっぱいで
今日 やっとこ
退院の日を迎えることができました

住めば都
どんな環境でも
いつの間にか居心地が良くなってしまうのは
旅好きの性なのかしら
ちょっぴり名残惜しいキモチ

しばらくはお義母さんに甘えて
自宅安静の日々を過ごしながら
少しずつ体を慣らして
里帰りの日まで
家族みんなで過ごす時間を大切にしようと思います♪

葉っぱの観察

20091114125838
20091114125836
モチーフキルト

葉脈のデザインに息詰まり
お散歩がてら
葉っぱの観察に出かけました

ひとつ ひとつ
葉っぱを手に取ってみてみると
みんな みんな
個性豊かでおもしろい

ハートのカタチの葉脈もありました

お日さまキラキラ輝く
青い空の下で
一生懸命 光合成をしている
葉っぱの葉脈たちからは
静かだけど
とっても力強いエネルギーを感じます

そんな葉っぱさんたちを摘み取るのは
なんだか申し訳なくて
昨夜の大雨で落ちた
葉っぱや花を拾い集め
病室に戻りました

イメージが膨らんだところで
またまた チクチク

自然のエネルギーをいっぱい吹き込みます

夜の間食

20091113105434
11月より 病院の冬時間が始まり
夕食時間は17時30分になっています

そのためでしょうか
寝る頃にはお腹がグゥグゥ
なかなか眠れません

入院中で動いていないのに
お腹がすぐに空いてしまうなんて不思議です

ホットミルクだけでは満たされず
最近ではいけないと思いつつも
夜の間食が欠かせなくなってしまいました

昨夜 キルトの手を休めて頂いたおやつは
しっとりとした食感と
爽やかな風味の
安納芋とヨーグルトのケーキ

お友達の手作りで
妊婦さんならではの
自然な甘味と低カロリーなお菓子

幸せなキモチになりました

やさしい味をどうもありがとう

帯の色

20091112100121
先日 お義母さんが実家へ一時帰省した時
私たちに代わって安産祈願のお参りをしてきてくれました

お寺の住職さんが御札と一緒に渡してくださる
ちいさな帯

男の子なら「白」
女の子なら「赤」

と言われていて
これがまたよく当たるそうです

HONUHONUの時は白帯だっただけに
お義母さんから手渡された包みを開けるときは
ドキドキ ワクワク

包みの中に入っていた帯の色は「赤」でした

里帰り先で担当される先生は
性別を教える主義ではない方なので

島でのあと数回の診察で性別が判らなかった時は
HONUHONUの時と同じで
出産の日までのお楽しみとなります

さてさて どっちかな♪

HONUHONUに聞いてみると
いつも「おんなのこ」

最近その訳がわかったのですが

彼は「おとこのこ」がまだ上手に発音できないようで
「おのののこ」「おととのこ」

と言いにくそうにしています

余り布地で

20091111074015
雨降りの一日

お茶飲みながら

のんびりチクチク

ベビースタイ

まっすぐな雨を見ていたら
パッとひらめいた

虹のモチーフ

ホヌのとなりにチクチク

アップリケ完了

キルティング作業が楽しみ楽しみ♪

キルトを作るたびに
どんどこ増えてく
余り布地を使って小物作り

捨てずに取っておいた
ちいさなハギレたちから
ちいさなホヌがいっぱい生まれちゃいました

上手にできたら
お腹の赤ちゃんの同級生たちにも作ってみようかな♪

キルト芯に脱脂綿!?

20091110070624
休み休み やっていたつもりだったけれど

春色ベビーキルト

あっという間にアップリケまで完了してしまいました

暇で暇で時間を持て余している

と言ってしまえば
それまでだけど

好きな時間に 好きなだけ
キルトができることって
本当にシアワセ

週末 パパにお願いしていたキルト芯を忘れてきちゃったので
近所の手芸屋さんへ行ってみたらお休み。。

トボトボ病院へ戻ってきたら

お産用の脱脂綿なら
いっぱいあるから使ってね!

って看護師さん


ありがとうございます

キルト芯の代わりに脱脂綿

入院記念キルトにいいかもね♪


今週はベビーキルトをお休みして
一年近く放置していた
大きなプレイマットのアップリケをチクチクしています

何年越しになるかわからないけれど
のんびりやっていこうと思います

魔法のチカラ

20091109080332
20091109080330
20091109080327
日曜日の午後 公園へ遊びに出かけました

オニイチャン ダカラ

と何度も言いながら
少し前まで怖がってできなかったという
長い長い網トンネルの遊具に挑戦

途中「コワイ。。。」
と言って半ベソかきそうになって
しばらく動けなくなっていた時もあったけれど

歯をグッと食いしばって
網を持つ手と
足の位置を確認しながら
一生懸命前に進みます

ゴールできたとき
小さな体いっぱいで
喜びと達成感を表現している姿をみて


オニイチャン

というコトバには
勇気を出していろんなことに挑戦する
不思議なチカラがあるんだなぁ

と感心


オネエチャン

というコトバにも
きっとまた違った不思議なチカラがあるんだろうね

子供と哲学

20091108111555
夕食後 HONUHONUがお絵かきを楽しんでいたときのこと

キイロ
オレンジ
ミドリィ

色鉛筆を一本一本手に取って
色当てをしていたら
一本だけ よくわからない色に出会ったようです

ママ これは ナニイロ?

手にしていたものは
色鉛筆ではなく鉛筆でした

厳密に言うと「鉛色」だけど
子供にもわかりやすいように

「黒色」

と答えると また質問が返ってきました

「どうしてココはミドリィなの?

どうしてクロじゃないの?」

どうやら
息子は色を判断するときに芯の色と軸にコーティングされている色を見ているようで

軸の色が緑色した鉛筆の色が何色なのかわからず
そして
何故「黒色」なら黒色の軸ではないのかと不思議に思っているようです

「ソフィーの世界」が大好きなママは
そんな哲学的な質問にワクワク♪

大人が気にもしないことを不思議がる子供の世界が
なんだかとってもうらやましく思います

物質的な存在に対して
私たち大人はイデアの世界から物事を自然に判断しているけれど

小さな子供たちは
存在を存在として研究すること
形而上学的に物事を判断している

ということになると
子供は大人よりも哲学者としては一歩先に進んでいることになるんだなぁ

HONUHONUアリストテレスの質問に
タジタジになるママプラトン


小さな子供との哲学って
なんて楽しいんでしょう♪

おおきなおなか

20091107083648
20091107083646
ママのおなかは
ちぃぃ~っちゃいねぇ~

YUKIのおなかは
こぉぉ~んなに おっきぃんだよ

両手をいっぱいに広げて
表現するHONUHONU



もうすぐ出産の日を迎えるテッチャンのママのお腹を毎日見ている彼にとって

会う度に大きくなっているはずのママのお腹だけど
まだまだ小さくみえるようです

おおきな おおきなおなか
パワフルな行動力は
妊娠前と変わらずで
いつも私たち家族を支えてくれる彼女に
感謝のキモチでいっぱい


昨日はお昼に近くのビーチに連れていってもらい
久しぶりに裸足でお散歩

波打際を歩く彼女は
いつもよりずいぶんと早足
お産に向けて準備を進めているようでした

そんな姿を後ろから眺め

いよいよなんだなぁ♪

とココロワクワク

みんな みんな
新しい家族の誕生を
心待ちにしています

木陰の時間

20091105121541
20091105121537
窓いっぱいに広がる緑と
直射日光ではない自然の光が差し込む場所に
キルトの作業スペースをつくりました

作業台は空いているベッドを
一番高い位置まで上げたもの

小鳥のさえずりや
木の葉がサラサラと揺れる音を聴きながら針を進める時間に心癒されます

自然を感じる木陰のような場所をキルトの作業場所として選ぶのは

モチーフが自然を題材にしているということと

大きなシーツを木の下に置いた時に映った木の影が
あまりにも美しかったことから生まれた
ハワイアンキルトのルーツが
そこにあるのかも知れません

女性たちが木陰に集まり
一日中誰かのために
心を込めてキルティングしていた
遠い遠い昔

きっと 華やかなおしゃべりの花が咲き
美味しいお菓子も並んでいたんだろうな

南の島の木陰は
いつの時代も変わらないんだね

ブログレター ~ニコニコ~

manta20091031
みんなでニコニコした土曜日

+ Read More

カメラ

20091102133840
久しぶりにカメラを持って
パパと一緒に広場を駆け回るHONUHONUを
ファインダー越しから追いかけた 土曜日

朝 目が覚めたら
足の太ももが筋肉痛になっていて
酷く体力が落ちていることを
思い知らされた 日曜日


走ったり
屈んだり
寝そべったり

元気いっぱいの子供撮影は
知らず知らずのうちに
案外色々な筋肉を使っているみたい

一旦カメラを持つと
自分が妊婦であることを忘れてしまうようで
夢中になってシャッターを切っていたら

パパのカミナリ

ドッカーン!!

ふと我に返ると
なんとも危なっかしい体制でカメラを構える自分がおりました


妊娠にまだ気がついていなかった時
不思議な落ち方で
カメラのレンズを壊してしまったこと

新しいレンズを今だに
決められないでいること

これは
赤ちゃんを護ってくれる神様からのメッセージだったのかも

カメラのレンズがないことを幸いに思い

85ミリの単焦点レンズだけで
走り回る子供を撮影するなんて無謀な撮影は
もう出産するまでやめておこうと
心に決めた 月曜日

携帯電話のカメラで楽しみたいと思います

ベビーキルト

20091101123945
ピンク

イエロー

グリーン

やさしいパステル調の
むら染め生地を使って
ハワイアンベビーキルトを作りはじめました

パターンには
お腹の赤ちゃんの性別は
まだわからないけれど
たくさんの人たちからお見舞いで頂いたバラの花に
たくさんの元気をもらったことを
思い出として残したくて
楽園に咲くバラ
ロケラニをモチーフにしました

春色の生地に触れ
ちくちく針を進める時間
ココロは春の蝶

ふわり ふわり

お花畑を

夢心地に飛んでいます
プロフィール

mana

Author:mana
大好きな写真で綴る

種子島のくらしと

子育てのこと

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2009年11月 | 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。