スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっぴり おつかれ?

201291.jpg

出張で島にやってきた パパさん 

ちょっぴり おつかれ??

左右違う靴。。。。(汗)

都会で流行っているワケ ではないようで

ただ 出かける時に 間違えてしまったダケ のようです。。。

気がついたのが 島に来る前日の出張先のホテルというから

やっぱり ちょっぴり おつかれ??

それもそのはず。。。

島で過ごした長い夏休みから東京に戻り たまった仕事をこなしながら 

週末は 朝からガタゴト電車に揺られて鎌倉へ

二週連続 不動産屋さんと あちこち物件を巡ったあとの

飛行機に乗っての出張は 靴を左右間違えちゃうのも

なんとな〜く ナットクできるような。。。

パパの靴のことを お友達に話したところ

しんじられな〜い! 

というので 証拠の写真をパシャリと☆

ね 左右 違うでしょ??

DSC_0751.jpg

でもね 靴を履いちゃうと じっくりみないとわからないので

結構 アリだったりするのです

パパさん 毎日 ほんとうにおつかれさま!

スポンサーサイト

「パパ」の許容範囲

DSC_3233_27368.jpg

最近気がついたコトなのですが パパと離れて暮らす我が家の娘さんの

「パパ」に対する許容範囲は ずいぶんと幅広いようで

2週間近く一緒に過ごした イギリス人のお友達のことを「パパ」と呼び

昨日まで二日間滞在した 私の父と年齢が変わらない お友達のお父さんのことを

「パパ」と呼んで ニコニコと後を着いて回っておりました

もちろんパパが島にやって来たときは とにかく嬉しそうで

ベッタリ離れず 「ママ」と呼ばれることは 「パパ」が居ないときくらい。。

2歳という時期は 大変だけれど 大切な時期

パパがいるのに 会えない暮らし 

ジイジ バアバが 近くに居ない離島暮らしは

おにいちゃんだけじゃなくて ちいさな娘にも 

ココロの負担が大きかったことに 気付かされた夏

おにいちゃんの年長さんでの転園よりも 

家族離ればなれになっちゃうけれど 卒園を待って引っ越すこと

パパには一年間 集中してお仕事ができる環境を作ってあげたい

という考えで選んだ「単身赴任」の道でしたが

やっぱり家族は どんなことがあっても 一緒に暮らすのが一番!

と 改めて感じて 考え直し

おにいちゃんの運動会が終わった後 10月上旬に引越しをすることになりました

単身赴任の期間は 決して無駄じゃなくって 

私達家族に大切なことを気付かせてくれる 大事な時期だったようです

バレエ仕込みの。。。

DSC_0206_23778.jpg

空港でパパを見送った後 
私達の気持ちを察してくれていたのか
それとも いつも通り なのか
ひょうきんなポーズや行動で ずっと笑わせてくれていた おにいちゃんのお友達

たくさん元気をもらいました

バレエを習っているからか とにかく柔軟な動きで 
全身を使い「楽」を表現する彼
彼の素晴らしい才能 大切に どんどん伸ばしていってほしいと思います

+ Read More

プロフィール

mana

Author:mana
大好きな写真で綴る

種子島のくらしと

子育てのこと

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
フリーエリア


無料カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。